佐藤陽太郎選手がアーティスティックスイミングをはじめたきっかけは?

スポーツ

2023年7月14日(金)から福岡県で世界水泳2023が開幕予定となっており話題になっていますね。

その中の競技であるアーティスティックスイミングの選手として活躍している佐藤陽太郎さん。アーティスティックスイミングは女子の競技というイメージがありますが陽太郎さんが競技をはじめたきっかけが気になりますね。

そこで今回の記事では、佐藤陽太郎選手がアーティスティックスイミングを始めたきっかけと経歴を調査しましたのでお伝えしていきます。

佐藤陽太郎選手がアーティスティックスイミングを始めたきっかけは?

はじめに陽太郎選手のプロフィールをご紹介します。

名前 佐藤陽太郎(さとうようたろう)
生年月日 2004年8月10日
年齢 18歳(2023年7月現在)
身長 180cm
体重 63kg
出身地 茨城県
学歴 筑波大学(一年生)
所属 ジョイフルアスレティッククラブ
好きな食べ物 たこ焼き


佐藤陽太郎選手は6歳のときから競技を始めました。きっかけは、陽太郎選手には三歳上のお姉さんがおり、お姉さんの友花(ともか)さんが通っていた水泳教室に陽太郎さんも通っており、最初は競泳をしていましたが、お母様の送迎の負担を考えてお姉さんと同じアーティスティックスイミングを始めたようです。

 

5歳の時から競技をはじめ、今年で競技歴13年目です!お姉さんも日本代表選手ですので、小さいときから姉弟で切磋琢磨されてきたのでしょうね。素晴らしい姉弟ですね。

 

「ウォーターボーイ」という言葉もありますが、アーティスティックスイミングは女子の競技というイメージが強いのではないでしょうか。実際に日本国内の登録選手は20人前後で、更衣室がなくトイレで着替えたこともあったそうです。

 

そんな佐藤陽太郎選手は2017年の中学一年生の時に日本選手権に出場し大きな注目を集めました。

 

そして2022年6月にハンガリー・ブダペストで開催された世界選手権ではお姉さんの友花選手と混合デュエットを組み、銀メダルを獲得しました。

世界選手権2023福岡での活躍もたのしみですね!地上波ではテレビ朝日で7月15日(土)夜10時からソロテクニカル決勝ほかが放送予定の他、以降19日(水)までは夜11時頃から、20日~22日までは深夜4時頃から放送予定になっています。

世界水泳2023 佐藤姉弟組が金メダル獲得!

世界水泳2023アーティスティックスイミング混合デュエット・テクニカルルーティーン決勝で佐藤友花選手と佐藤陽太郎選手の姉弟組が255・5066点で金メダルを獲得されました!おめでとうございます!嬉しいですね。(2023.7.16追記)

 

※試合結果など情報が入り次第追記していきます。

アーティスティックスイミングとシンクロナイズドスイミングの違いは?

アーティスティックスイミングって聞きなれない競技名ですよね。競技内容は音楽や他の泳者に合わせて演技を行い、技の完遂度・同時性・演技構成や芸術性・表現力、そして技の難易度を競う競技で、シンクロナイズドスイミングと同じじゃないのかな?と思いますよね。

 

ずばり、シンクロナイズドスイミングはアーティスティックスイミングの旧称なのです。

シンクロナイズド”Synchronized”が芸術性を求める種目にふさわしくないとIOCから指摘を受けた国際水泳連盟が2017年に種目名をアーティスティックスイミングに変更したのです。

 

その後ジェンダーレスの考えもあり2022年にパリ五輪で男子選手が出場可能になることをうけ、2023年から世界選手権やワールドカップなどでも男子選手の出場が可能になりました。

 

男子選手の出場も可能になり、これからのアーティスティックスイミングに期待が膨らみますね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました